본문 바로가기

漣川高句麗の3大城

瓠蘆古塁

文化遺産・博物館

瓠蘆古塁

住所

京畿道 漣川郡 長南面 元堂里 1257-1一帯

漣川瓠蘆古塁は、臨津江の長湍石壁の最も美しい絶景が観察できる高浪浦柱状節理の赤壁の上に位置している。この場所の臨津江は、渇水期になると歩いて川を渡ることができるため、昔から平壌とソウルをつなぐ最も短距離の陸上交通路が通る戦略的な要所である。高句麗は瓠蘆古塁に臨津江の国境防御ラインを管掌する国境防御司令部を置いた。 ▷ 住所:京畿道 漣川郡 長南面 元堂里 1257-1一帯

堂浦城

文化遺産・博物館

堂浦城

住所

京畿道 漣川郡 嵋山面 東梨里 778一帯

漣川堂浦城は、楊州方面から直接臨津江を渡り、開城へと迂回する重要なルートとなる堂浦渡し場の要所を統制する高句麗の防御城壁である。城の左右は高い垂直絶壁となっているため、平地につながって立ち入ることができる東側だけに人工城壁を築き、強固な城壁を構築した高句麗の経済的な築城法を観察できる。

隠垈里城

文化遺産・博物館

隠垈里城

住所

京畿道 漣川郡 全谷邑 隠垈里 577一帯

漣川隠垈里城は規模の面から見ると、韓国で最も大きな高句麗の城郭遺跡である。城の周囲が約1kmに達し、外城と内城の二重防御体系となっている。漢灘江と車灘川が合流して形成された早瀬の要所を統制する防御陣地で、高句麗の南進時期に後方の拠点基地として使われた場所と推測されている。