본문 바로가기

漣川崇義殿址

漣川崇義殿址

文化遺産・博物館

漣川崇義殿址

住所

京畿道 漣川郡 嵋山面
崇義殿路 382-27

電話番号

漣川郡庁文化体育課 +82-31-839-2143、2144

漣川崇義殿は高麗4王(太祖、顕宗、文宗、元宗)と高麗時代の忠臣16功臣の位牌を奉り、毎年春と秋に祭祀を行う高麗の実質的な宗廟である。
崇義殿は太祖元年に開城の高麗宗廟から高麗太祖の銅像を麻田の仰岩寺に移して祭祀を行わせたことに由来するが、 その古きに渡る歴史に照らして崇義殿の外三門の前には樹齢500年を誇る2本のケヤキが崇義殿を見下ろしている。
秋季大祭が開かれる毎年10月の第1日曜日の前後に開催される崇義殿高麗文化祭は、華麗なる高麗の文化を感じられる良い機会となるだろう。