본문 바로가기

アウラジ枕状溶岩

アウラジ枕状溶岩

自然・地質観光

アウラジ枕状溶岩

住所

京畿道 漣川郡 全谷邑 薪畓里 山98

電話番号

漣川郡庁観光課 +82-31-839-2289、2278

枕状溶岩は溶岩が冷たい水に触れて急速に冷めた時に、その表面が丸い枕の形に固まることを指している。新生代中期頃、北朝鮮の平康鴨山から噴出した玄武岩質の溶岩は、漢灘江の渓谷に沿って南西方向に流れアウラジで永平川の冷水と交わり、川の水と触れた溶岩の表面が急激に冷めることで枕状溶岩が作られた。


主に深い海で溶岩が噴出する際に生成されると言われているが、アウラジ枕状溶岩は海と何の関連もない内陸地域の川辺で発見されたため、非常に珍しい資料だといえる。